お知らせメール登録

お知らせメール登録

お名前とメールアドレスをご登録いただくと、最新の講習会の日程やウェブサイトの更新情報などを随時お知らせいたします。

privacy 登録いただいたメールアドレスは上記以外の目的で使用いたしません。

八卦掌の歴史について

1. 八卦掌の歴史はどのくらいありますか? +

だいたい西暦1850年前後に、董海川が北京で八卦掌の伝授を公開してから今に至るまですから、八卦掌が世間に知られるようになってからすでに160年以上の歴史があります。その間に少なくとも4世代の伝承を経ています。少なくとも10世代を越えて伝えられている流派もあります。

八卦掌は中国武術と文化の精華です。その原理と技法を遡ると、少なくとも2500年の歴史があります。この点については、20年以上の研究資料を会員限定で公開しています。

2. 馬貴派八卦掌は失伝してしまったのではないのですか? +

馬貴は身体は小さくとも、忠義に命をかけた烈士で、八卦掌の屋台骨となる人でした。馬貴の後半生、1905年から1940年までの北京生活は、国に道なく、驚天動地の絶技を身につけていても、落ちぶれて困窮をきわめていました。まことの道を死守して、軽々しく他人に教えることもありませんでした。これだけの気骨を持った人が、古今東西どれほどいたことでしょう。八卦掌にその人馬貴がいることは、当時の中国武術の先人達で知らない者はいませんでした。

武林の先人たちの中には馬貴から助言を受けた者も何人かいますが、助言を受けたというだけで、伝承者というわけではありません。 その後、馬貴は李少庵と劉万川の心意気と義侠心に感じるところがあり、彼の絶技を熱心に伝授しました。劉万川先師が八卦掌を伝授するときには、いつも生徒たちに繰り返し「これは馬貴のものだよ」と言い聞かせていました。私のような再伝の弟子にも、彼は同じように言い聞かせてくれたものです。劉万川先師の伝承を経て、私たちは光栄にも馬貴の遺品(歌訣、照片など)を保存しています。そして何より百年近く受け継がれてきた、馬貴の系統が伝授してきた八卦掌が私たちにはあるのです。

 

3. 馬貴派八卦掌には他にも分派がありますか? +

八卦掌は董海川先師一人から伝えられたものです。当時の八卦掌は武術界においてもっとも団結した門派で、すべての学生は兄弟同然、信義を優先し、本当に英雄志士が渇望する楽園聖地でした。

しかしここ二、三十年の間に大小様々のいざこざがあり、いささか楽園聖地のようなうるわしさはなくなりつつあります。私たちが今こうして馬貴派八卦掌の伝授を公開することにしたのは、諍いを引き起こすことなく、受け継がれてきた貴重な財産を大切にしたいからです。この宝物の価値は計り知れず、金銭、名誉、地位、どんな貴重なものとも比べることができません。先人たちはことによると自らの生命よりも大切にしてきたのです。

そこで私たちは、どのような人がどのように関わっているかを推測も論断も評価もしません。ただ自分が知っていることを語るだけですし、自分ができることをするだけのことです!

馬貴は少年時代より董海川先師の元で学び、尹福先師にも学びました。その八卦掌は、中国武術界全体において八十年余りの長きにわたって他より抜きん出ていました。彼の知っていたもの、学んだもの、見たもの、できたこと、行ったことは、私たち後の世代にとって想像を絶するものだったでしょう。馬貴が一生のうちに助言したり、教えた学生はきっとたくさんいました。私が知る限りでも十人近くいます。しかし劉万川先師が直接若い世代に対して、彼が継承し練った功夫が馬貴が伝えたものだと語った以外に、どんな先人も自身の学んだ功夫が馬貴の系統の伝授であると公言してはいません。

実際、私は八卦掌を好きなみなさんたちと同様に、これまでずっと劉万川先師以外の馬貴先師の伝承者も探してきました。もし出会えれば私たちはもっと幸せになり、より多くの先人から多くのものを得られるでしょう。このように私が答えるのは、決して自分のために我田引水しているのではありません。本当に馬貴の八卦掌を伝える人が他にも現れてくれて、学ぶ機会を与えてくれ、より多くの人に伝えてほしいと切望しているのです!

 

4. 馬貴は尹福の学生であるという人がいます。そうなのですか? +

馬貴は尹福に入門し、尹福の八卦掌を学んでいますから、当然尹福の学生です!しかし私たちが学び伝えている馬貴派八卦掌は、尹派八卦掌ではありません。何故なら馬貴は董海川の嫡伝を得ているのですから、確実に尹派八卦掌と同じものではありません!

5. 八卦掌はどうしてこんなにたくさんの門派があるのでしょうか? +

八卦掌は八卦掌です。みんなが学んでいるのはすべて董海川先師が伝えたもので、門派の別などありません。董先師の弟子は多く、各弟子の資質や興味が異なり、董先師から教授されたものが違ったので、自然と練習の成果として多くの違いが出てしまったのです。これらの違いは異なる八卦掌があることを意味しません。というより八卦掌には異なる風格の多種多様な表現形式が可能だという意味なのです。

尹福は自身の学んだ八卦掌を彼の弟子に教えました。尹福先師が生きていた時も彼自身が自分の八卦掌を尹派八卦掌と呼んだことはありませんでした。彼の弟子が他の学習者と師承が異なることを示し、師に対する敬意を示し、自らの帰属先として、自然と尹派八卦掌と呼ぶようになったのです。程派やその他の門派も基本的にすべてこのように形成されたのです。

劉万川先師は教えるときに自分に伝えられたものは馬貴のものであることを強調されていました。だからこそ私たちの先生や私たちは自然と馬貴派八卦掌と呼び、私たちの師承と先人たちへの敬意を示してきたのです。

何派と呼ぼうと、決してそれが八卦掌であることを忘れないようにしましょう。もしも正統な伝授を得ずに、新たな八卦掌の門派を考え出したとしても、あまりに筋の通らない、まったく的外れなものになって、間違いなく皆の笑いものになり、自身が誤るだけでなく、他人も傷つけることでしょう。これが私が数十年八卦掌を追究してきて得たこれ以上無い感想です!練習する時は、力量に限界もあって、身体が左や右に歪むことを避けるのは難しいものです。しかし道を求める心は正さなくてはなりません!

6. 八卦掌は世界でもあまり知られていません。何故でしょうか? +

中国の伝統武術を知っている中国人であれば、八卦掌を知っているでしょう。しかし学んでいる人は確かに多くありません。卑見では、原因は以下のとおりです。八卦掌は世に出た時期がよくありませんでした。董海川が武芸を会得して山を下りると、ちょうど腐敗没落していく清王朝末期で、辱めを受けて宦官の身となって武術を数十年に渡り伝えてきました。子供を育てるように学ばせて有能な弟子たちを育て上げ、八卦掌が広まることを期待していました。しかし弟子達は腐敗し没落した王朝が滅亡する現場に居合わせてしまい、死んだ者あり、重傷を負った者あり、無事な者はほとんどいませんでした。わずかに残った何人かも、世間から身を隠すことにしたのでした。人がいなければ、広めようもありません。第二、第三代の八卦掌の英傑たちで、英雄の志を実現できた人がいたでしょうか。

さらに不幸なのは第四代です。第三代から第四代へほとんど伝授されることはなく、数人が個人的に学んでいたぐらいでした。何故なら1940年代の末から1970年代の末まではちょうど第四代の弟子達を育成すべき時期だったのですが、その三十年は中国数千年の歴史の中でも最も残酷で暗黒の時代でした。幸いにも、数人の先輩方が影に隠れてこっそりと伝授を得ました。本当に不幸中の幸いです!その艱難辛苦の日々の中で八卦掌の火種を保ってきた第四代の先輩方は、まったく尊敬に値します!

1980年代から資料が発掘されて整理され始めました。発見された逸話、拳譜、歌訣などを目にすれば、第四代と第五代の辛酸をなめた激動の日々に私たちは触れることができます。苦難の中で迫害を受け、生命からがら逃げのびながら彼らは八卦掌を苦労して守ってきました。それで八卦掌の血脈はようやく存続できたのです。教えを広めることぐらい、何の困難があるでしょう。

1980年代の初から現在に至るまでの30年は、私自身が経験してきた現代の八卦掌の伝承と発展の過程です。八卦掌を追究する私たち一同、八卦掌を中国はもちろん世界中に広めるために、この身を捧げてがんばっています。

7. 馬貴派八卦掌の達人は何人いますか? +

全てこのウェブサイトの師承系譜で紹介しています。

八卦掌の理論

8. 八卦掌と易経は関係ありますか? +

易経は天地に通暁した哲学なのですから、自然と八卦掌の思想、原理、方法を内包しています。八卦掌も運動、戦い、生命と人生の精髄ですので、自然と易経の慧眼によって身体の運動と修練をより生き生きと変えてくれるでしょう。

ただし八卦掌は絶対に易経を研究する中から生まれてきたのではありません。だから八卦掌を練習するのに易経を学ばなくてはならないということはありません。しかし易経の時空、方位、吉凶などの原理は確実に八卦掌の修煉と結びつき導いてくれるでしょう。

易経を学んでいる人の多くは、吉凶禍福、風水占算に偏りすぎていて、易経を旁門左道のものにしています。八卦掌を学ぶことは逆に易経を学ぶ上での実践経験を与えてくれるだけなく、易経を利用するための基礎になってくれることでしょう。何故なら八卦掌はあなたの身体の吉凶禍福、つまり身体内の気血陰陽、風水占算を教えてくれるからです!</p><p>易経を使っているみなさんは、専門家や真剣に学んでいる人であればそれだけ、ほんの少しの体験で、八卦掌を学ぶことが生まれる前から決められていた運命のように感じることでしょう!試していただければ、私の言っていることが真実だと分かるでしょう!

9. 八卦掌は道家や道教の理論を基礎としているのですか? +

八卦掌は武芸の結晶というだけでなく、中国数千年のすぐれた文化の精髄でもあるのです!武芸としての八卦掌は、強い勢いと深い力を有しながらも神出鬼没、八方に威風を吹かせ、敵を倒し勝利を得る実戦的な効果がありながら、雄壮にして、優雅で落ちついた風格を体現しています。文化としての八卦掌は、老荘と金丹道の思想を源流とし、仏教の禅思想を参照しながら、縦横家、医家、兵家の安身立命の心得や秘訣を融合させることで、中庸浩然の正気を養うものです。

八卦掌が人々に教えてくれることは他でもありません。すぐれた文化は口先だけで語ったり、外から眺めて鑑賞するものではないということです。八卦掌の学習を通じて、すぐれた文化はみなさんの生命の中で躍動し、生き生きと存在できるのです!八卦掌の文化の理論体系に導かれて、学習者は自身の生命の強弱虚実の機を体験し、根本を養い強くする道に随い、生命の最も自然で、最も活発な状態へと回復できるようになるのです。

10. 八卦掌と達磨大師や易筋経は関連がありますか? +

これは八卦掌の学術的な問題で、実のところこの問題は数十年研究してきました。無益な論争を引き起こすことを避けるため、研究内容はしばらく非公開にさせていただきます。しかし結論だけでもみなさんにお伝えしておきましょう。祖師達磨の『易筋経』は八卦掌の最も重要な練功理論の一つです!

11. 八卦掌とヨガは似たようなものですか? +

インドのヨガを学んだことも、実践したこともないので、よく知らないことに見解を述べる資格はありません。しかし達磨大師を研究した成果から次のことは言えます。達磨大師の『易筋経』は間違いなく彼自身が中国に訪れる前に学んだものにもとづいていますし、その学んだものは間違いなく印度の歴史ある伝統文化と修行方法でしょう。こうした伝統文化や修行方法は長い歴史をもつヨガと関係があるか、源を同じくしていてもおかしくありません。

多くの伝統的な修行方法、現代体育や運動、身心の修養法も、当然ヨガを含んだものなのでしょう。初学者や、時間がなくて全身全霊で打ち込めない者や、三日坊主になってしまう者、あまり興味を持てない者、入れ込みすぎることを嫌う者、あるいはそもそもレベルの低い者たちにとっては、こうした修行や運動をして普通に得るものがあるでしょう。しかし熱心な探究者、名声を得た成功者、他人より優れた者、人々に教える指導者たちにとっては、こうした修行や運動の結果、却って故障を抱えてしまうことがすくなくありません。周囲の人を見渡してみれば誰でも目にしたことがあるでしょう!

願わくば、私の易筋経と八卦掌に対する理解を現在ヨガを学んでいる熟練者の方々に知ってもらいたいのです。もし彼らに受け入れてもらえれば、それは達磨大師への何よりおご恩返しになりますし、逆に笑われることになっても、それは私自身の理解が不十分であったに過ぎないのですから!

12. “気”とは何ですか? +

こうした問題を投げかける人は大体西洋文明を背景に持つ人でしょう。何故なら東洋人は子供の頃から見聞きしているからです。気が長い、気が短い、元気がない、気力充実、正気、邪気など、たくさんの気があって、区別したり疑問に思ったりする暇がありません。はっきり分かっていようといまいと、気というものを認めているのです。改めて考えると、この問題は問われる価値があります。きちんと理解している人は確かに多くありません。

もし深く探究していけば、東アジアの伝統文化、哲学や宗教の根源に辿り着くことでしょう。八卦掌で練っているものは気です。だから私たちは八卦掌が中国の伝統の精華であると言っているのです。それでは気とは何でしょうか?もしここで気の概念と解釈を典拠を並べたてて説明したなら、広々とした海の真ん中に放り出されたように感じるでしょう。

確かに、数千年の間にわたって、聖哲先賢はずっと考え続けてきました。気とは何か、道とは何か、片時も忘れることなくです。しかし実際のところ、誰一人としてはっきりと分かるような言葉で語ることはできなかったのです。だから私にその説明をさせるのは荷が勝ちすぎます。私にも気とは何かはっきりと言葉にできないですし、もしできたとしても、あなたの方でその説明を理解することができないでしょう。しかしもし実際に八卦掌を学べば、気とは何かがすぐに分かることでしょう!

13. 八卦掌、太極拳、形意拳はどこが同じでどこが違うのでしょうか? +

この三者は同じく内家拳と称しており、たくさん似ているところがあります。私は十年余りの間、三つの内家拳をいっしょに練習してきました。その後、馬貴派八卦掌だけを練習するようになりましたが、太極拳や形意拳にも十分に詳しく、そこで以下のような見解をあえて述べようと思います。三家の風格や拳技は異なりますが、異なる道のりの到達点は同じです。しかし風格や拳技が異なるために、間違った理解にこだわると、それぞれの横道に迷い込むことになります。

八卦掌は、扣擺の步法と、まとわりつくような回転により、全身が連動する身のこなしが長所なのですが、間違った理解にこだわるとふわふわと流されて、風にゆれる枝葉のように、見栄えだけのものになってしまいます。

太極拳は、全身を腰を軸として回転し、隅々まで動きが伝わり、動かないとろはないのですが、間違った理解にこだわると部分的な動きにこだわって、身体の各部が互いに牽制して、全身一体の境地を得ることが難しくなります。

形意拳は、しっかり立つことを基本として、虚実は明確で、進退は明らか、一発必中の武術ですが、間違った理解にこだわると鈍重で強ばってしまい、自分で自分の手足を縛り、自身の長所が短所に変わってしまいます。

14. 八卦掌とその他の門派の武術は相補関係にありますか? +

八卦掌は中国数千年にわたる武術の研鑽の精華です。八卦掌の一拳一技どれをとっても、何らかの武術の門派の精華の現れなのです。当然ながら外部との関わりを絶って作り出された現代版の八卦舞とは異なります。その他の武術を練習したことがあるのでしたら、それがどんな風格や門派だったとしても、改めて馬貴派八卦掌を学びさえすれば、すぐにでもまったく新しい世界が目の前に開けるでしょう。もしあなたが熟練の士であれば、またたく間に鬼に金棒です。保証します。本当に武術の真髄を追究しようという才能と学識がある人なら、ある程度練習すれば知らず知らずのうちにこれまで学んでいたものを捨ててしまうでしょう。本当に大志を抱く者がいったん八卦掌の門をくぐれば、一生去ろうとは思わなくなるからです。

15. 八卦掌は女性が学ぶのに向いてますか? +

とても向いています!現代社会においては、むしろ男性よりも向いているかもしれません。八卦掌には、女性にとって次のような特別な効果があります。

1)美肌美顔。私たちの会には女性の学習者がいますが、ある程度練習をしてくると、顔色や肌つやが同世代の人と比べてよくなり、十歳は若く見える人もいます。 

2)血流をよくして肝臓を養い、筋を伸ばして毒素を排出し、感情を安定させ、心をリラックスさせる。これらの効果は身につけるために何年も練習する必要はありません。練習を始めれば今すぐにでも効果を実感できるもので、場合によってはあっというまに効果が現れます。

3)下半身の血のめぐりをよくし、足と膝をあたためる。八卦掌の練習の中心は走圏ですが、走圏の主な目的は気血を下げることにあります。走圏をしてしばらくすると知らず知らずに手足の冷えや、膝や腰の凝りが緩和されます。

4)健康的な体型の維持と獲得。私たちの会の会員には、40歳を越えても20代の肉体を維持していたり、50歳を越えても多くの弟子を従える武術家のような風格を備えた人がいます。こうした効果は、実際に会員のみなさんをひと目見ていただければ分かっていただけるでしょう。

16. 何歳ぐらいになると八卦掌の練習ができなくなりますか? +

何歳であろうと、歩くことさえできれば、すぐにでも八卦掌を学び始めることができます。私たちの会には最高齢で90余歳、80代や70 代の会員もいます。ここではっきりさせたいのは、あまり若すぎると逆に八卦掌を学ぶのに向かないということです。少なくとも十代になって、身体の発育が十分になってから学び始めた方がよいのです。なぜなら子供は天真爛漫で、何にも拘束されず、自然に育つに任せるのがよいからです。八卦掌は肉体と精神が高度に統一された運動として鍛錬されます。早過ぎる練習はかえって子供のもっとも素晴らしい天性の発展を妨げることになるのです。

17. 八卦掌を学ぶのに必須の書籍やビデオはありますか? +

八卦掌の基礎的な理論と練習を学ぶのに最適なDVDが市販されています。

  1. 李保華『馬貴派八卦掌』
  2. 李保華『馬貴派八卦掌2』

また会員専用ページにいくつか基本的な教学ビデオを用意しています。テキストについても、会員専用ページで、関連する理論と方法について少しずつ新たな内容を発表しています。この他、練習の参考になるような写真も用意しています。

19. いろんな八卦掌をネットで見かけますが、どんな八卦掌がきちんと伝統を受け継ぎ失伝していないか、初心者はどうしたら分かりますか? +

それはもちろん、馬貴派八卦掌が本物を受け継ぎ、ほとんど失伝していない八卦掌です。董海川先師から馬貴先師へ、馬貴先師から再び劉万川先師へ、劉万川先師からさらに私が学んだ何人かの老師たちへ、私が学んだ何人かの老師たちから私自身へ、と一世代あたり十年から数十年単位での伝承を経ています。私たちの世代まで馬貴派八卦掌は正しく継承されてきてはいますが、能力や才能の差があって、先代までの水準や境地ほどの実力を見せることはできていません。それでも私たちはこの貴重な文化遺産を守っていこうと決意しています。

武術としての八卦掌

20. 八卦掌は実用的な武術でしょうか?攻撃や防御に使えますか? +

八卦掌は敵を制圧するための伝統的な武術で、自身の生命を守り、家族や国家を守るためのすぐれたわざです。また自らの本性を養い、知恵を高めることを目的とした、修養という文化の結晶です。戦うために、また暴力に対抗するために使うのは、小手調べのようなものです! 

21. 馬貴派八卦掌にはどんな特徴がありますか? +

これについては、当サイトの馬貴派八卦掌についてをご覧ください。

22. どうして八卦掌は走圏を基礎としているのですか? +

中国人は、“道”という言葉で、森羅万象の運行変化の法則、その最高の境地を示してきました。文には文の道があり、武には武の道がある。走圏はつまり八卦掌の道なのです。走圏によって、八卦掌は万法を一に帰し、また一から万法を生むことができるのです。走圏は始点でありながら終点でもあり、方法でありながら目的でもあります。八卦掌を学ぶことは結局のところ走圏を学ぶことに帰結するのです。

23. 外家拳を練習するなら、内家拳も学んだ方がよいのは何故ですか? +

外家拳を練習する人が、内家拳の学習を徐々に始めるべきなのは、千百年来中国武術家が代々体験してきた経験にもとづきます。少林と武当、内家と外家は、道のりが異なるだけで行き着くところは一つなのです。しかし方法が異なるために、外家拳はしばしば強く激しいものになり、若く血気盛んなときは練習できても、少し年を取ってくると時として力が心に従わなくなり、強い力を出すと、自らを傷つけてしまうこともあるのです。

24. 現在、全世界で多様な打撃技と関節技が流行していますが、八卦掌には使える関節技がありますか? +

「八卦掌はつかみ技を説かない。相手をつかんだときは自分も不利な状況になるからだ」(八卦掌不講拿、我拿人时我也差。)、という言葉が八卦掌の歌訣にあります。

劉万川先師が武術を教えるときは、いつも「八卦掌がつかみ技を説かないのは、つかむことも打つこともできるし、つかみながら打つからだぞ」と話されていました。八卦掌の手法は連綿と途切れることがなく、身法は常に回転を繰り返し、歩法は縦横無尽、タイミングも方向の変化は一瞬です。これは関節技としても理想の動作でしょう。

私はこの道を志して長い年月をかけ、複数の恩師の伝授を受けて、かなりの会得したものがあります。みなさんに明言しましょう。八卦掌には敵を倒す有効な技法だけでなく、目を見張るような節、抓、、閉、点、制などの技術体系があります。興味がある同好の士は、私について八卦掌を学ぶことで、関節技で相手を制する方法と、節、抓、、閉、点、制などの技を自在に操れるようになれることでしょう。

25. 八卦掌は掌を使って攻撃しますが、拳を使って攻撃はしないのでしょうか? +

八卦掌の有名な技で反背掌、または反背錘と呼ばれるものは、拳を使って打ちますが、その他の技は基本的に掌を使って攻撃します。

掌は拳に比較べて、以下の様な利点があります。まず掌法は拳より少し長いので、所謂一分の長さ、一分の強さがあって、手を伸ばせば拳より先に相手に届きます。また掌は容易く様々に変化できます。私たちの掌の動作は牛の舌に学んでいます。牛舌掌の特徴は、変化の多彩さにあり、節・・抓・閉にも、推・託・帯・領にも、穿・刺・点・按にも便利です。

言い換えれば、八卦掌のどんな掌の動作もすべて拳で打つことができます。武術は長いものを選び短いものを避けるのが常道です。わざわざ長いものを捨てて短いものを選んだりはしないのです。

26. 八卦掌に実戦的な対人練習はありますか? +

八卦掌は徒手の練習に、単練、双練、衆練の三つがあります。武器の練習に、持戒単練、持戒双練、持戒衆練の三つがあります。 単練は一人で練習することです。双練が所謂実戦的や対人練習で、二人でやり取りする中で、学んだ技法を応用して、進退虚実や吉凶生死を感じ取るのです。八卦掌の双練は自然にのびのびと行い、次から次へとすばらしい発見があります。突きや蹴りの応酬の中に、哲学と知恵が溢れているのです。また気力を充実させ、精神を高揚させてもくれます。衆練は一人で複数人を相手にします。董海川先師が伝えた八卦掌が他のどんな武術とも異なる点がここにあります。八卦掌のあらゆる練習方法はどれも一人で複数人を相手にするものなのです。歌訣にも、「千人に囲まれて一人その中にいても、花や柳を打つようにその場その場に合わせて動く。」(千人在外我在中、穿花打柳任西東。)、「人が多くて対応が難しそうでも、まっすぐ入ってまっすぐ出るにも堂々とする。」(設若人多不方便、直出直入也堪誇。)などとあります。武の道を志す者にとって、八卦掌はその志を天まで届かせてくれるでしょう。

25. What are the basic principles of Bagua strategy? +

Coiling the body and circular footwork;

attacking from the sides;

avoiding direct conflict;

gaining a positional advantage in which your opponent cannot reach you but you can hit your opponent with ease;

an upright posture, evasive stepping, and effortless attack and retreat.

養生としての八卦掌

26. What are the principles of Bagua health promotion? +

In fighting, Bagua has “8 counters”, which are among Bagua’s most precious secret techniques. In order to conceal these techniques, previous generations gave them these unremarkable names.

In terms of health promotion, Bagua secrets were similarly hidden. These are the 8 principles of Bagua health promotion:

Others practice external strength, while I practice internal strength.

Others seek strength in their arms, shoulders and chest, while I strengthen my back and empty my chest.

Others exercise their lungs and heart, while I exercise my spleen, liver and kidneys.

Others exercise to make their bodies strong, while I exercise to make my lower legs strong.

Others exercise their muscle, while I exercise my tendon and bone. When others practice their breathing is laboured and short, while I practice my breathing is calm and even.

Others practice to make their reactions quick, while I practice to extend and sharpen my awareness.

Others exercise their extremities, I exercise my spine.

27. I’m not that interested in fighting. Does Bagua have anything else to offer? Is it good for your health? +

Bagua can bring you a deeper awareness of your life and health. Through Bagua you can study traditional Chinese culture, philosophy, history, and TCM; through Bagua you can increase your athletic ability, grasp the root principles of physical movement, and experience the art of movement.

Other than fighting ability, Bagua practice has eight incredible effects: a lightness of body, an improvement of figure, longevity, mental stimulation, and increased awareness.

How to Learn

28. What sort of shape do I need to be in to practice Bagua? +

Regardless of what shape you are in, as long as you can walk, you can practice Bagua.

However, it is best for people of too young an age not to practice too much. Children love to play and jump, and they should be allowed to practice all types of sports. Bagua is a philosophical, martial, cultural and spiritual practice, and children are not ready for such a discipline. This is advice that has been passed on down through the generations, so it is worth listening to.

29. Where can I study Magui Bagua? +

Please refer to our Instructor and Live Events pages

30. Are there locations in other countries? +

Please refer to our Instructor and Live Events pages.

31. I’d also like to start up a Bagua group, how can I make this happen? +

Once you’ve become a member, mastered the basics and become a certified instructor, you can start your own group.

Instructors

32. How do I know if a Bagua teacher or coach is qualified? +

This is the most important question, and it is also the most difficult to answer. To say it is the most important, is to say that choosing a teacher is like choosing a profession. If you choose the wrong profession, it can cause you serious harm throughout your life, and this is even more the case when it comes to choosing a teacher. This question is difficult to answer because if one answers clearly they will have to deal with a lot of backlash, but if it is not answered clearly it only confounds the question further. I won’t hide from this question. I want to answer it clearly, but at the same time I don’t want to deal with any backlash.

Be very cautious in choosing a teacher. It is better to not study than it is to learn from an unqualified teacher. To find and follow a wise and knowledgeable teacher can benefit one greatly in all aspects of their life, and this is the reason why teachers have always been treated with such great respect. But there are too many who take on the name of a teacher for their own profit, and without thought for those they take advantage of in the process. These teachers may have a few tricks, or some strengths and skills, or even some insight which can allow beginners to expand their understanding of the world. However, once a teacher-student bond has been formed, the student becomes caught in a trap. While the students intention may have been to learn an art and strengthen their body, they soon find themselves constricted by the principles and morals of a misguided theory, from which it can be hard to break loose.

Masters, well-known teachers, mediocre instructors and opportunists often sound the same, but if you are going to learn from one, you must depend on your own eyes. If you follow an inept teacher, you will waste precious years of your life, your money and your hard work and come away empty-handed. In fact, you may end up worse off than before you began to practice, with bad habits which be difficult to change. But whose fault is it? It is your choice and your decision, and you must take full responsibility for it.

In the past, people didn’t go out and find teachers themselves, but rather were introduced by someone familiar with the discipline that they intended to study. This was a wise way of going about finding a teacher! If you ask my advice, I’ll suggest the Magui Bagua style, and you won’t be disappointed!

When you encounter a teacher, regardless of whether they are good or not, do not be anxious to become their disciple. First stay on the sidelines and learn for a few years, as difficult as that may be. Great teachers all have a certain quality of uprightness and character, and if this is the case with your teacher it will become clear within a few years. However, greedy, hypocritical teachers will also show themselves for what they are within a few years, and once that happens it is important to leave at once and go on one’s way.

To help prevent any of these problems and to ensure the highest standards of instruction in Magui Bagua, we have put  in place a well-defined training routine and qualification process for all instructors. If someone, once qualified, wishes to become an instructor they must apply directly to the Magui Baguazhang Promotion Center. Once the application has been reviewed they are rigorously tested on all material they will be qualified to teach. Also, all qualified instructors must recertify once a year. In this way we hope to continue Magui Bagua in the purest, most complete form possible.

33. What’s the difference between a shifu, a master and a teacher? +

Shifu has become a polite form of address for anyone, although in the past it meant someone who had mastered a technical skill of some sort.

Teacher is a technical term for someone who passes on knowledge, but in Chinese the word for teacher, Laoshi, has also become a polite form of address which can be applied to anyone with seniority.

A master, which is also called a shifu in Chinese (same pronunciation as the word above, but with different characters) is the traditional name for a teacher in the master-disciple relationship. It is a term with great significance, and one’s shifu is second only to one’s father. Of course, it is almost impossible to realize such an ideal, and both master and disciple have to be very cautious in entering such a relationship.

If one is not sincere in their intentions toward their teacher, and do not intend to treat him like a father, it is best not to become a disciple. Similarly, if one does not find a teacher who is worth entering into a master-disciple relationship with, it is probably not worth doing so just to learn a little of this or that.